AGAの症状と対策

AGAは、男性特有の薄毛のことです。放置していても改善されず。進行していってしまうという特徴があります。適切に治療しないと解消されることはありません。抜け毛がいつもよりも増えてきたり、毛髪が細く柔らかくなったりしたら、注意が必要です。

*

AGAの対策はまず症状の進行具合を把握

AGAには3つのタイプがある

テレビコマーシャルでも頻繁に流れているAGAは、男性特有の薄毛のことです。放置していても改善されず。進行していってしまうという特徴があります。

AGAは、男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン」が原因です。ジヒドロテストロンが、髪の毛が生え変わるサイクルを狂わせ、髪の毛が成長する期間が短くなってしまうと、薄毛になってしまうのです。

AGAは、大きく分けてO型、M字型、U型の3種類あります。一番多いのはM字型です。M字型は額の生え際から進行していき、徐々にこめかみも薄くなります。額はジヒドロテストロンが多く作られる場所なので、薄毛になりやすいのです。

O型は、頭頂部から髪の毛が薄くなっていきます。M字型は自分でも気づきやすいですが、O型は、自分では気づきにくいという特徴があります。そのため、他の人に指摘されて気が付くことが多いです。自分で気が付くときには、症状が進行してしまっています。

U型は、額の生え際がどんどん後退していき、最終的にUの字のように見えるタイプのAGAです。そのままO字を併発することが多く、抜け毛治療も長引いてしまうことがあります。

どのタイプのAGAも、適切に治療しないと解消されることはありません。抜け毛がいつもよりも増えてきたり、毛髪が細く柔らかくなったりしたら、注意が必要です。

AGAは生活習慣の見直しと治療薬で対策

AGAには大きくわけて3つのタイプがあります。予防や対策として、生活習慣の見直し、十分な睡眠、適度なストレス発散、自分に合ったシャンプーを使う、といったことが重要です。また、AGAが心配な人は、喫煙は避けたほうがよいでしょう。

M字型は、3つのタイプの中でもゆっくりと進行していくタイプのAGAです。男性ホルモンが関係しているので、フィナステリドのような薬を用いるとよいでしょう。眼精疲労も、AGAを進行させるきっかけとなることがあるので、しっかりと目を休めることが大切です。フィナステリドを主成分とするAGA治療薬で有名なのはプロペシアです。プロペシアは通販(個人輸入)で購入することができます。

O型は、頭頂部に血液が行きにくく、毛根に十分な栄養が届かないことが原因のひとつです。ミノキシジルといった薬剤が有効です。また、頭皮のマッサージをして血行を良くすることも大切です。

O型と併発することのあるU型は、フィナステリドとミノキシジルを併用します。

髪の毛がよく抜ける、髪質が柔らかくなってきた、といった症状に気づいた場合は、早めに治療を始めることが重要です。皮膚科など、専門的な治療を行っているクリニックを受診しましょう。

AGAかどうかはある程度自分で判別できる

自分がAGAかどうか心配な人は、セルフチェックをしてみましょう。AGAの症状が出ていないことが自分で確認できれば、クリニックに行く手間が省けます。また、髪の毛の状態を把握していた方が、クリニックでの診察がスムーズになります。

AGAは遺伝が大きな要因です。自分の家系に薄毛の人がいるか確認してみましょう。次に、起床時に10本以上髪の毛が落ちていないか確かめてください。

また、落ちている髪の毛の状態もチェックしましょう。落ちている髪の毛が細い場合、AGAの可能性があります。生え際や頭頂部から薄くなってきている、周りの人に指摘される、ということがある場合、AGAの可能性が高いです。特に、生え際や頭頂部の髪が薄くなっている人は要注意です。

AGAによる薄毛の進行は、前頭部、生え際、頭頂部のいずれかから始まります。AGAが心配な人は、起床時に自分の頭をカメラで撮影するなどして、これらの箇所の髪の毛が薄くなってないか確認しましょう。

スマートフォンの自撮り用ツールや、薄毛のセルフチェック用のアプリを利用するとよいでしょう。

AGAの治療はクリニックへ

セルフチェックで、自分の薄毛はAGAによるものなのではないかと思ったら、すぐに処置を始めましょう。

AGAの症状の進行は、放置していても止まらず、確実に、ゆっくりと進んでいきます。油断していると、数年後にはもう手遅れに……ということもあります。早めに薄毛専門のクリニックに行き、医師の診断を受け、適切な処置を受けることが重要です。

自分でできるAGA対策もあります。AGAを進行させる主な原因として挙げられるのが、偏食、ストレス、自分に適していないシャンプーの使用などです。これらのことに気をつけることが、AGAの進行を抑えることに繋がります。

AGAの進行を遅らせるには、たんぱく質・ビタミン・亜鉛の3つの栄養が有効とされています。この3つの栄養素を重点的に摂るようにし、食事で足りない分はサプリなどで補うようにしましょう。また、夜遅くの食事はなるべく避けましょう。

ストレスもAGAの原因の1つです。適度な睡眠や運動で、ストレスを発散するようにしましょう。

シャンプーの選択も重要なポイントです。洗浄力の強いものを選んでしまうと、かえって頭皮に刺激を与えてしまいます。なるべく地肌に優しいタイプの商品を選びましょう。どんなシャンプーを選んだらいいかわからなかったら、医師に相談してみましょう。

参考:

公開日:
最終更新日:2019/02/08