AGAの症状と対策

AGAは、男性特有の薄毛のことです。放置していても改善されず。進行していってしまうという特徴があります。適切に治療しないと解消されることはありません。抜け毛がいつもよりも増えてきたり、毛髪が細く柔らかくなったりしたら、注意が必要です。

*

AGA治療薬の相場は

   

AGA治療薬の相場は

病院でAGAの治療を行う場合、治療費の相場は1か月で7000円以上です。

病院のAGAの治療ではさまざまな治療薬が使われます。

よく使われる処方薬としては、プロペシアやミノキシジルタブレット、ジェネリック薬のザガーロです。

プロペシアを病院で処方してもらうとしたら、1回の治療が3か月から半年として1か月の費用は7,000円以上となります。

AGAの治療は、保険が使えません。

そのため、クリニックによっては1万円を超えるところもあるのです。

他には、ジェネリック薬のザガーロであれば、1か月分で8000円ほどかかります。

これらの治療薬は、市販薬のように、ドラッグストアや薬局では販売されていません。

しかし、フィナステリドやミノキシジルなど成分が同じものが、海外から個人輸入で購入できます。

物によっては半額以下で手に入ることもあるのです。

しかし、処方薬と違って品質がわかりません。

偽物も多くあるので、安さだけに惹かれて注文し服用すると、健康被害が出る可能性もあります。

個人輸入を利用する場合は、そういったデメリットも覚悟したうえで、利用しましょう。

AGA治療薬は保険適用外

AGA治療は保険が適用されません。しかし、円形脱毛症であれば、保険が適用されます。

AGAは薄毛になってしまう病気です。

しかし、その治療は、保険適用外となり、すべて自己負担となります。

髪の毛は皮膚や臓器と違って、量が少ないとしても、命に関わることにはならないからです。

AGA治療は、本人の見た目を良くするため、という美容整形と同じ方向性で考えられます。

そのため、命や健康に影響を与えるような病気や、怪我の治療のように、保険で補助をすることはないのです。

しかし、大量の抜け毛が出てくる円形脱毛症は、保険が適用されます。

円形脱毛症の場合には命や健康被害の可能性はなくても、ストレスが原因であることが多いです。つまり、円形脱毛症は、精神的な要因の病気と区別されます。

したがって、円形脱毛症の治療は、精神疾患の治療に当たり、保険が適用されます。