AGAの症状と対策

AGAは、男性特有の薄毛のことです。放置していても改善されず。進行していってしまうという特徴があります。適切に治療しないと解消されることはありません。抜け毛がいつもよりも増えてきたり、毛髪が細く柔らかくなったりしたら、注意が必要です。

*

AGA治療薬の効果とは

   

AGA治療薬の効果とは

プロペシアはAGAの治療薬です。

プロペシアは、ジヒドロテストステロンという物質の生成を抑えます。

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンのテストステロンが、5α還元酵素によって変換されて生成される物質です。脱毛症を起こす原因とされています。

このジヒドロテストステロンが、ヘアサイクルを乱す原因とされているのです。

ジヒドロテストステロンの影響で、髪の毛の成長期が短くなります。

細く短い毛が増えてしまったり、太い毛になる前に抜けてしまうのです。

そこで、AGA治療薬のプロペシアを服用して、5α還元酵素を阻害します。

5α還元酵素を阻害することで、ジヒドロテストステロンが作られないようにするのです。

プロペシアは、毎日飲み続けることで、徐々に薄毛改善が実感できます。

効果を実感できるのは、毎日服用して半年ほど経過してからです。

すぐに結果が見られなくてもあせらずに毎日服用することが重要です。

効果が期待できないこともある

プロペシアは、AGA以外の脱毛症には効果がありません。

プロペシアは、AGA治療薬です。多くの人の抜け毛の増加を止めたり、薄毛の改善を実現しています。

しかし、薄毛に悩んでいる全ての人に効果があるわけではありません。

プロペシアは、AGA以外の脱毛症には効果がないのです。例えば、薄毛の原因が円形脱毛症や脂漏性脱毛症などである場合です。

これらの脱毛症は、ジヒドロテストステロンが原因で髪が抜けているわけではありません。

プロペシアを飲んでも、必ず薄毛が改善されるわけではないのです。

また、AGAになってから長期間経っており、髪の毛自体にに発毛能力が残っていない場合も、効きません。

AGAの進行を放置していた人の場合は、毛母細胞が弱ってしまっているからです。

毛母細胞に発毛する力が残っていない場合も、プロペシアは効果を示しません。

その他に、プロペシアが体質に合わない人もまれにいます。

しかし、そういった人は効果が実感できないだけでなく、体に副作用が起こる場合もあります。

体調に異常を感じたら、すぐに医師に相談しましょう。